輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

あご削りのリスクにはどんなものがある?

あご削りとは、あごの骨を削ったり切除することで、フェイスラインをすっきりとさせる美容整形の手術です。
あごは顔全体の印象を決定づけるパーツで、突き出ていたり、長すぎるとその印象ばかりが強調されてしまいます。あご削り手術は、歯茎の下の部分を、口の内側から切開して行うので、傷跡が外から見えることはなく、確実に顔全体の印象を変えることができます。
ただあご削りなどの輪郭整形手術は、全身麻酔をして行う大がかりな手術です。そのため術後の腫れや知覚麻痺、気道閉塞による窒息などをおこすリスクも伴います。
手術には、オトガイの骨を水平に2回骨切りして、骨を中抜きするオトガイ水平骨切り術や下顎下縁部分骨切除術が一般的です。オトガイの短縮手術は、通常5ミリ程度が限界で、それ以上短くすると皮膚のたるみが残ってしまいます。また短縮できる量は、下顎の幅も考慮して行う必要があり、幅を考慮せずに切除した場合、顔が四角くなってしまいシャープなあごではなくなってしまいます。

あご削りのリスク

医師の技術が大変重要な手術

あご削りと聞くと、大がかりでリスクがあると考えられがちですが、あごの骨削りは、今ではポピュラーな顔周りの輪郭手術となっています。
あごは、他人から目につきやすく、長いあごやしゃくれたあごは印象に残りやすいパーツです。特に現代は小顔がブームとなっていますから、輪郭で悩んでいる人も少なくありません。
あご削りのメリットは、骨を直接削ったり、切ったりするため確実に効果を得ることができるところにあります。口腔内を切開して行う手術なので、表面には傷が見えないのも特徴です。
ただオトガイの神経を傷つけてしまうと、麻痺を起こすなどのリスクが伴うので、医師の技術が大変重要な手術といえます。
あご削り以外にも、あごにプロテーゼを入れて、引っ込んでいたあごを出す手術もあります。ただこの場合にも、口の開閉困難や骨吸収などの後遺症が起こるリスクもあるので、事前にカウンセリングをしっかりと行い、メリットだけでなくデメリットもきちんと説明してもらうことが大切です。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*