輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

【方法別】あご削りのダウンタイム

あごの輪郭は顔全体の印象を大きく左右するものです。あごが長い・あごが突き出ている・口元が尖って見えるなど、あごに関して悩みをお持ちの方は多くいますが、このような場合は「あご削り」と呼ばれる美容外科手術によって解決することが出来ます。クリニックによって方法は異なりますが、多くは傷跡を目立たせない為に口の中から手術を行います。あごの先端部分を削る・切る方法や骨を水平に切って移動させ、あご先の方向を整える方法・あごの中間部分を切り、あご先の方向を整える方法など症状や希望に合わせて手術方法を決めていきます。いずれの方法も手術時間は2~3時間ほどかかり、骨を削る大きな手術になる為術後の腫れや痛み、内出血などの症状が出ます。個人差はありますが、ダウンタイムには約一ヶ月程かかるので仕事などの休みは長めにとっておく必要があります。
その為、あご削りの手術を考えている場合は仕事などの休みを長めにとっておく必要があります。

あご削りのダウンタイム

ダウンタイムについて

あご削りは術前のあごの状態や希望に合わせて手術方法を選択することができますが、いずれの場合もダウンタイムが必要な期間は約1ヶ月程となります。腫れに関しては、術後3日程でピークを迎えますが、この期間は包帯を使って圧迫固定させます。
食事は手術当日から可能ですが、痛みや口があまり動かせないこともあり栄養ゼリーなどの流動食を用意しておくことをおすすめします。また、辛い食べ物や刺激物、熱いもの、かたい食べ物も控えるようにしましょう。
腫れや痛み、内出血などの症状はピークを迎えてから2~4週間程続きますが、その後は徐々に落ち着き、術前と比べて変化も目に見えるようになってきます。あご削りはプチ整形とは異なり、術後のダウンタイムは長いですが顔の印象を大きく変えることができ、効果も半永久的に続きます。ただし、一度骨を削ったり切ったりしてしまうと元に戻すことは困難な為、信頼の出来るクリニックを選び、カウンセリングをしっかりと受けてから手術を受けるようにしましょう。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*